【GRAND OPEN 記念】全国どこでも送料無料!

History

1946

北欧ノルウェーの片田舎。

創造性とチャレンジ精神を持った一人の若者、Olav Beckmann。

重そうなリュックを背負う子供を眺めながら、ふと、「子供の成長を助けるスクールバッグを作ろう!」と彼が思い立ったその日、BECKMANN NORWAYが始まりました。

Beckmann家の小さなリビングルームで試行錯誤の日々が始まります。 子供の体を研究してようやく出来上がったサンプルは、近所の子供たちにとても喜ばれました。

1970's

当時の代表的商品レザーバックパックの誕生

1980's

子供が好きなものを選べるように色や形を拡充

1990's

流行やニーズに合わせてデザインとサイズを改良

2000-

現在まで続くロングセラーの定番商品が続々と誕生。

ノルウェー国内にとどまらず世界中へと広まっていきます。

飽きの来ないデザイン性と実用性を兼ね備えた"URBAN"シリーズは、現在でも人気のラインナップ。毎年デザインと機能性の改良を続けており、人間工学に基づいた最新技術を採用しています。

Today

75周年を迎えたBECKMANN。

現在は世界25ヵ国以上で親しまれ、本国の児童バックパック分野ではシェア80%を誇る国民的ブランドとなりました。

研究を重ねてきた"身体に優しい構造"と、北欧が誇る"シンプルな美しさ"をかけ合わせ、2021年には大人向けの新シリーズ "STREET"を世界各国で発表いたしました。

×