【GRAND OPEN記念】全国配送料無料!

北欧ノルウェーのリュックは、タフ&収納バツグン!小学生&中学生の通塾に活躍する万能モノ!

近年、小学生〜中学生の通塾は一般的になってきましたよね。20年前はクラスに2~3人だった通塾率も、今ではクラスの半数を占めるほどに!!

年々、カリキュラムが増えたり、PC&タブレットの持ち運びまで必要となるなど、子どもの負担は拡大する一方です。。。 そんな今の日本の学生をサポートする、北欧ノルウェーが生んだリュックをご紹介します!

1946年創業以来、子どものためを想い続けたノルウェーブランド

大自然とオーロラで有名な北欧ノルウェー。国の大半が雄大な山々と、美しい水資源に満ちた、誰もが「一度は行ってみたい」と思う場所。

そんなノルウェーは、夏は快適ですが冬はとても寒く、国全体が雪で覆われます。自然の強さの中で、子どもはもちろん毎日学校へ。

ただ、何十年も昔、産業も発展していないノルウェーでは、重く、大きなリュックしか、子供は選べなかったのです。(それでも、今の日本のランドセルと同様だったそうです。。)

 

1946年、片田舎に住むOlav Beckmann(オラフ ベックマン)という男性が、「子供はみんなの宝、少しでも負担を減らし、楽しく幸せに成長してほしい」という信念を持ち、たった一人で「子どもと自然に優しいリュック」の開発を始めたのです。

それが、BECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)の始まりでした。

 

 

児童の80%が愛用、ノルウェー王室も使用するブランドに

時が経つこと70年あまり。現在、BECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)は、世界25の国と地域で、年間30万個以上を販売するノルウェーを代表するブランドとなりました。

世界各国で、BECKMANNが誇る技術への賞賛は止まず、ドイツやカナダの健康関連の研究団体や、ノルウェー、デンマークなどの消費者協議会なので、技術認証や表彰を毎年獲得しています。

<BECKMANNラボでの開発風景>

 

また、ノルウェーでは児童の80%がBECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)のリュックを愛用していると言われ、そのお父さんお母さんや、おじいちゃんおばあちゃんまでもが、

「BECKMANN(ベックマン)なら背負っていいよ!」

と家庭で言われて育ったと耳にするほどです。その理由はやはり

・身体のためを追求し、デザインが美しく、そして環境にも優しい

という北欧ならではのセンスによるものなのです。

 

-URBAN Midi-タフで多機能な北欧デザインリュックの代表

URBAN Midi(https://beckmann.jp/collections/urban-midi)は、BECKMANNが誇る、世界で最も人気のパイロットモデルです。

  1. どんな場面でも大活躍の、豊富な収納
  2. ノルウェジアンデザインによる、美しいカラーリング
  3. BECKMANN開発の、背骨を守る超軽量S字プレート
  4. 雨にも強い高撥水生地と、蛍光レインカバー

など、200~300ドルもしてしまいそうな多くの機能・特徴を、この一つのリュックに詰め込んでいます。

 

どんな場面でも大活躍の、豊富な収納

URBAM Midiは、3気室構造で、収納力が抜群。

メインポケット、フロントポケットは共に、間仕切りやネットポケットも多数あり、着脱可能なキーホルダーも装備。

<メインポケット>

<フロントポケット>

そして、現代の子どもには欠かせない、PC&タブレット用スペース。クッションを豊富にすることで、大事なPCを守るほか、なんと15インチサイズのPCまで余裕で格納。iPadなどや参考書類もしっかり格納し、ゴムホルダーで固定すれば安心ですね。

ノルウェジアンデザインによる、美しいカラーリング

ノルウェーでも、最も美しい街の一つと言われるKristiansand(クリスチャンサン)にある開発ラボで、BECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)のデザインは作られています。

「ノルウェーらしく、それでいて世代を問わず愛されるデザイン」

を追求し、現在URBAN Midiは6色に厳選されています。

(※常に研究開発を進めているため、カラーのラインナップが変更となる可能性がございます。予めご了承ください。)

BECKMANN開発の、背骨を守る超軽量S字プレート

そして、BECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)が誇る技術の代表、"超軽量S字アルミプレート"が、どんなに重い荷物を背負っても、子どもの背骨を守ってくれます。

本来、人の背骨や背中は、肩から腰にかけてS字を描いていますが、多くのリュックは一直線。クッション性が高くとも、芯は真っ直ぐなので局所的に負荷がかかってしまうのです。

一方でたった80gしかないこのプレートが、リュックを背面に密着させることで、広範囲に負荷を分散。肩と背中の厚いクッションも作用し、重い教科書やタブレット、お弁当を背負っても、疲れにくくなるのです。

ノルウェーは、リュックを背負ったままスキーに出かけるほどアクティブな国。そんな国だからこそ生まれた、独自の技術なんですね。

<URBAN Midi - S字アルミプレート>

雨にも強い高撥水生地と、蛍光レインカバー

URBAN Midihttps://beckmann.jp/collections/urban-midiをはじめとしたURBANシリーズは、独自のペットボトル100%再生生地を使用。北欧基準のエコだけでなく、撥水性が高いため、軽い雨なら十分耐えられます。

ただ、これもノルウェーならでは。傘をほとんどささない文化なので、さらに雨風から持ち物を守るため、底のポケットに蛍光レインカバーを装備(全品備え付けです)。ヨーロッパでは、「危険回避と言えばこの色!」といわれるライトイエローに、高反射テープを合わせた、BECKMANN特性のレインカバーです。

<レインカバーを装着したURBAN Midi>

その他にも、高さを変えられるチェストストラップ(胸部)や、アクティブな動きにも耐えられるウエストストラップ(腰部)など、身体を徹底的に考え抜いたURBAN Midihttps://beckmann.jp/collections/urban-midi

 

2022年、本格的な日本進出を果たしたBECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)のURBAN Midi(アーバンミディ)は、

男性:小学1年生から中学生まで

女性:小学1年生から成人まで

をメインに、多くの方々に愛用されるようになりました。

ぜひ、通塾やスポーツクラブ、習い事などに、URBAN Midiを活用してみてくださいね!

→URBAN Midiを詳しく見る

 

<BECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)公式HP>
https://beckmann.jp/

<BECKMANN NORWAY(ベックマンノルウェー)公式インスタグラム>
https://www.instagram.com/beckmann_japan/

×